デウソン神戸

宮司選手ブログ【フットサルとの出会い②】

366 views

「フットサルとの出会い②」

こんにちは!
本日ブログ担当をさせていただく、背番号9番宮司大河です!
今日は私のフットサルとの出会い②について、お話ししたいと思います。
フットサルとの出会い①は、前回のブログを読んでいただけると幸いです。

小5でフットサルと出会い、中3までサッカーとフットサルを両方していました。
そこから少しフットサルをしていない期間があり、またフットサルをやり始めたのは23歳になってからでした。

私は21歳で社会人になりましたが、この頃はサッカーだけをしていました。
当時、岐阜から出てきて関西にサッカー関係の知り合いがいなかったので、まずは会社のサッカー部でサッカーを始めました。
そこから会社の先輩の紹介でビーチサッカーを始め、関西でサッカーコミュニティができ始め、色々なサッカー仲間や知り合いが増えました。

ある日、ソサイチに参加した時に、レジスタ神戸というフットサルクラブの立ち上げメンバーでもある、福本寛さん(以下、寛さん)からフットサルに誘っていただいたのです。
それが第2のフットサル人生の始まりでした。

次の週くらいにレジスタ神戸の練習に行きました。
そこには、昨年まで同じビーチサッカーチームのチームメイトでもあった佐久間兄弟がいました。

初めての練習はめちゃくちゃ楽しかったことを今でも覚えています。
そんなこんなで、フットサルに縁を感じることができ、レジスタ神戸でフットサルを始めました。

加入当初は、パス回しのルールすらろくに理解できず、何もできずあたふたしていましたが、戦術が細かく攻守がめまぐるしく切り替わるフットサルの面白みも感じていました。
そんな私を福本寛さんやレジスタ神戸の皆さんは、1から丁寧に指導していただきました。
今の私があるのは、そうした日々の練習の積み重ねのおかげです。

フットサルを通じて、「出来ないことなんてない。何でも真面目に取り組めば、出来るようになる。」そういう気持ちになれました。

今では仕事でもこのマインドで取り組んでます。もちろんフットサルでもそうです。
高い壁にぶつかった時にこのマインドを忘れず、「少し遠回りをしてでも必ず出来るんだ、自分ならやれる」と信じて日々の生活を送っています。

以上、フットサルとの出会い②でした!
皆さんも何か新しいことにチャレンジしてみてはどうですか?
チャレンジすることはワクワクしますし、何より自分が大きく成長できると思います!

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございました😊
では、また👋

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE