デウソン神戸

松村選手ブログ【責任】

250 views

こんにちは#13の松村です!
今回はホーム開幕戦後に歴代のデウソン神戸の方々の食事会に参加させていただ事について書きたいと思います。

自分もデウソン神戸アスピランチに在籍していた事もあり
原田浩平さんが100人近くいる歴代のデウソン神戸の選手のグループで呼びかけから管理までやっていただいていました。
自分は数年前に一年しかデウソンにいなかったですが東京に行ってからもお誘いしていただいていてあまり行けなかったのですが、今シーズン、キャプテンをさせていただいてる事、ホームゲームの前座試合でレジェンドマッチを開催にご協力頂いたお礼、デウソン神戸の復活の覚悟を伝える為に参加させていただきました。

シーズン中もあまり来れる方々は少なかっただすがお世話になった方々、レジェンドの方々から色んなお話を聞くことができとても楽しくて勉強になる事も多かったです。

昔のデウソン神戸、個性が強いメンバーでオフの日の思い出や遠征中の話、練習中に胸ぐらを掴み合うくらいの喧嘩をしていた事。

いい表現ではないかもしれないですがそれくらい本気で向き合っていた事やフットサルに対する思い、デウソン神戸への思いを聞いて、今の自分達と比較して足りないと感じる事も多くありました。

今のメンバーは自分も含めて優しすぎる所もあると思います。
もっと要求し合う、お互いを鼓舞して切磋琢磨していく。
それがチームを強くする事でもあると実感しました。

今回の前座試合のように沢山のファン・サポーターの方々に来てもらえる選手
一人一人に『魅力』があるからだと感じました。
自分達はどうなのか、1人の選手がどれくらいの観客を連れてくるのか

プレーはもちろんもっと質を上げて
見てくれる人を楽しませる事
それは上手い下手の要素もありますが戦う姿勢や結果も含まれると思います。

自分達の戦う姿勢で希望や勇気を与えれる事だってある。

ピッチ内外含めてもっと魅力のある選手になる為に何が足りてないのか何をするべきなのか。

魅力あるデウソン神戸にする為に今一度一人一人が考えて答えを出す必要があると思います。

そして今週7月13日土曜日、グリンアリーナ神戸でホームゲームがあります。
僕達にとって勝たないといけない試合ですが特別な試合です。

ここで僕の高校の先輩からもらった言葉で今でも大切にしてる言葉を紹介します。
『誰かの為にが1番の起動力』

この言葉がとても好きです。
支えてくれる家族、両親、ファン、サポーター、スタッフ色んな方々の為に戦う。

自分達の目標は自分だけのものではなくて色んな方々の目標でもあります。
この原動力を持って戦い必ず勝つ為に最高の準備をして戦うので、是非会場で応援をお願いいたします!

クラウドファンディングもスタートしています。
是非デウソン神戸の復活の道を共に過ごしたいと思います。
応援・ご支援をお願いいたします。

https://readyfor.jp/projects/deucao2024

松村 泰平 TAIHEI Matsumura FP 13

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE