デウソン神戸

宮司選手ブログ【背番号への想い】

634 views

こんにちは!
本日ブログを担当させていただく、背番号9番宮司大河です!

皆さん、背番号にこだわりはありますか?
サッカーなら10番がエース、野球なら18番がエース、その他チームで活躍をした選手が付けた背番号はその番号がチームのエースナンバーだったりしますよね?
今日はそんな背番号の話になります。

私の小中学生時代のクラブチームの背番号が37番でした。
最初は特に思い入れもなかったのですが、だんだんと愛着が湧いてきて、37番が好きになりました。
37はいろいろ縁のある番号でもあり、学校の出席番号が37、高校入試の受験番号が37と何かと37に引き寄せられるようになりました。
前所属チームのレジスタ神戸でも37番を着けさせていただいてました。
今の愛車の番号も37にしています笑

デウソン神戸でも入団が決まった時に、背番号の希望の確認がありました。
その時も37番でお願いしました。
しかしユニフォームの発注が済んでおり、20番までの連番の中からの選択ということで、37番は希望できませんでした泣

そこでCCOの日置さんから9番はどうかという提案をいただき、9番に決めました。
9番はサッカーならストライカーがつける背番号で、元ブラジル代表のロナウド、サッカー漫画で言うならキャプテン翼の日向小次郎などが着けた背番号です。

9番をいただき、デウソン神戸の9番をイメージしてみました。
その時、過去にでデウソン神戸で9番を着けた「岡崎チアゴ選手」が思い浮かびました。(以下、チアゴさん)
チアゴさんとは、2022、23年の兵庫県選抜のチームメイトとして一緒にプレーをさせていただきました。
2年とも同じセットで出る機会が多く、たくさんの事を学ばせていただきました。
フットサルのことも仕事のことも、プライベートのことも全てをチアゴさんと語り、学ばせてもらいました。

私がチアゴさんから1番感じたことは、チアゴさんの「人間性」です。
チアゴさんの発する言葉や行動にはすごく重みがあります。
試合前のセリフ、チームが劣勢になった時の鼓舞の仕方、立ち振る舞い、チームをまとめる力、このチアゴさんの人間性こそがプロフェッショナルだなと思いました。

僕はチアゴさんが大好きです。
そんなチアゴさんと同じデウソン神戸の背番号9番で今シーズン戦えるのが、楽しみでワクワクが止まりません。
デウソン神戸への加入が決まった時はチアゴさんに連絡をして、激励の言葉をいただきました。
その時は、「僕も緑の魂と9番と共にデウソン神戸のために全てを尽くそう」と思いました。
デウソン神戸の9番といえば「宮司大河」だと思っていただけるように精一杯戦います。
以上です。

今回は背番号への思いを語らせていただきました。
ブログを読んでいただいているみなさま、是非試合会場に足を運んでデウソン神戸と9番宮司大河の応援をよろしくお願いします!
では、また👋

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE