デウソン神戸

西田選手ブログ【フットサルとの出逢い】

649 views

こんにちは!
本日選手ブログを担当します、背番号4番の西田 幸太郎(にしだ こうたろう)です。

僕の今までの人生において、ブログというものを書くのが初めてなので拙い文章になりますが、そこはご愛嬌ということで少しだけお付き合いいただけると幸いです。
まず、僕のことを知らない方も大勢いらっしゃると思いますので、今回は自己紹介ブログとさせていただきます。

熊本県出身で小学1年生の頃にサッカーを始め、小・中・高と毎日サッカーをして、ご飯食べて、寝て、またサッカーをしての青春時代のすべてをサッカーに費やしてきたどこにでもいるようなサッカー小僧でした。
中学生の時には、中体連で熊本県大会を優勝して九州大会に出場しましたが、もう少しのところで全国大会の切符を逃してしまいました。
それも今では良い思い出です。
その時から全国大会に出ることが僕のフットボール人生の目標になっていました。

そんな僕がどこでフットサルに出逢ったかというと大学生の頃です。
中学や高校で、全国大会にもいけず挫折も味わい、もうサッカーはいいかなと思っていた高3の夏、遠征先の鹿児島県で京都府にある成美大学(現:福知山公立大学)サッカー部の草木監督に声をかけていただき大学でもサッカーを続けることにしました。

大学進学とともに関西に出てきてサッカーを続けることができる喜びを噛みしめながら大学生生活を送っていました。
そんな充実したサッカー部生活を送っていた2年生の終わりに大きな出来事がありました。
大学が私学から公立化されることになり、校名が成美大学から福知山公立大学へ変更され、さまざまな体制変更に伴い監督もサッカー部を去ることになり、サッカー部も人数を確保できなくなり廃部となってしまいました。
サッカーをやるために進学を選び、関西に出てきた僕からしたら大学生活にぽっかり穴が空いたような、何のために関西まで出てきたんだろうと唖然とする状況でした。

そんな時に先輩に誘われて行ったのがフットサルでした。
福知山市内を拠点に活動しているF3 futsal clubに練習参加させていただき、流れでそのまま加入することになりました。
サッカーの延長ではありましたが、大学生時代の僕の心にぽっかり空いた穴を埋めてくれたのがフットサルであって、僕がフットサルを始めてボールを蹴る居場所を与えてくれたのがF3 futsal clubでした。

そんな居場所を与えてくれて、フットサルを通じていろんな出逢いをくれた代表の寺岡さんをはじめ、チームメイトやF3で関わってくれた方々には感謝しかありません。
大学を卒業する頃にはたくさんの人たちに囲まれて、大学生にしてフットボールの輪はすごいなとひしひしと感じた最高の瞬間でした。

今回、デウソン神戸で新たなフットボールライフを送ることができるのも、大学サッカー部廃部のどん底の僕をフットサルに出逢わせてくれたF3 futsal clubとの出逢いのおかげです。
僕の在籍当時は、京都府1部リーグに所属しておりましたが、昨シーズン見事念願の京都府1部リーグ優勝を果たしてくれました。
その後、各府県リーグ優勝チームと関西2部リーグの入れ替え戦の関西チャレンジリーグを勝ち抜き、関西2部リーグ昇格まで果たしてくれました。
おめでとう!!OBとしても鼻が高いです。

長くなりましたが、これが僕とフットサルとの出逢いでした。
最後まで読んでくれた方々ありがとうございます。
これからもフットボールの出逢いを大切に頑張っていこうと思います。

今シーズンは、今現在走り込みを共にしてる最高の仲間と駆け抜けます!
応援宜しくお願いします。

ではまた。
#4 西田幸太郎

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE