デウソン神戸

上杉選手ブログ【フットサルを始めたきっかけと今の想い】

1082 views

本日ブログを担当させていただく、背番号7番上杉友希(うえすぎともき)です!
歴史あるこのクラブに入団できることを大変嬉しく思う気持ちが半分、自分がどこまで通用するかを考えると不安が半分、そんな気持ちです。。。

そんな僕ですが、まずは僕を知ってもらいたい!と思います。

今回のブログでは僕の思いを文章にしてみました。
長くはなりますが読んでいただけると嬉しいです!

なぜFリーグを目指したのか?

まず、僕がフットサルというスポーツに魅力を感じ始めたのは高校3年生の秋頃でした。

(写真:本人提供)

京都府で高校フットサル大会が開催され、そこに出場したのがきっかけです。
僕たちの高校は予選で負けなしでしたが、唯一引き分けたチームが全国大会に出場することになりました。
「フットサルの大会のあの1試合勝っていたら、全国に行けたのか」と悔しかったです。
高校の頃のチームはあまり強くなく、ザ・中堅校といった感じだったので、サッカーの高校選手権で全国に行けるなんて事は、ほぼ想像し得ない状態でした。
なので、このフットサルの大会に賭けていた思いは、人一倍強かったです。負けたことが悔しすぎてフットサル熱に火がついたのを今でも覚えています。

大学進学後にフットサルを本格的に始め、京都府1部リーグ、関西2部リーグで得点王になりました。
一昨年度は京都府選抜で日本一になり、昨年度は兵庫県選抜で日本一を取り、兵庫県選抜のキャプテンを経験させていただき、大会得点王も受賞しました。
(写真:本人提供)

Fリーグを本格的に目指そうと思ったきっかけは一昨年度、京都府選抜で全国大会の優勝をさせていただいた事で、もっと上のレベルでやりたいと思うようになったからです。
そんな気持ちが芽生え関西一部のカンカンボーイズに加入し、今年デウソン神戸という素晴らしいチームで戦わせていただける事になりました。

自分自身まだまだ物足りない事だらけではありますがデウソン神戸、兵庫県のフットサル業界をさらに盛り上げるために、たくさんのファン・サポーターの前で結果を残せるように頑張ります!!

昨年から一緒に戦わせていただいている江波戸選手の始動日の涙。
あれには痺れました。
より一層気持ちが入りました。
この1年間死ぬ気で戦います。
次は江波戸選手の最高の嬉し涙が見れるようにF2優勝、F1昇格を目指し1年間戦っていきます!

応援よろしくお願いします!!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE